お久しぶりです

おまたせしました、オギノ式ブログこと荻野賢次郎です

前回のブログを見て

続きがきになる!と予想以上の人に言ってもらい、なかなかの反響でした

前回のブログから今日まで本当に色んなことがありました

気になる方も多いと思いますので、早速本題の方にまいりましょう

それではよろしくお願いします






まさかの事態

前回のブログの終わりに

オファーをもらったけど、衝撃的な条件だった

とあります
それから二転三転としましたが、とりあえずその衝撃的な条件を教えます

その条件とは…

基本給なしの1試合100ドル

という条件でした
お金がないチームなのはわかってはいますが
基本給がないのは相当きつい

1試合100ドルで月に3,4試合あるから300,400ドルもらえたらカンボジアなら生活できないこともない額です

ですが、この条件には落とし穴がある
みなさんおわかりでしょうが試合に出ないと給料がもらえない

ということは試合が少ない月は生活できる額すらもらえないし

2部から上がってきたチームなのでお世辞にも強いチームとは言えないし今の戦力では間違いなく下位争い

そうなれば、相手が強いチームで自分が出たところで勝つことが難しいと判断されれば
意図して自分を試合にださず給料も払わなくてよくなる

明らか選手が不利な条件です
さすがにこのような条件ではリスクがありすぎてプレーできない

ただ、チームは自分のことを欲しがってるし雰囲気や口調的に交渉次第では基本給が出るような可能性はあるので、これからもこのチームと連絡を取り合うことにした

ここまではまだ想定内の出来事でした

しかしここからまさかの事態が起こる

いきなりとある人物(以後Aとする)から連絡が入る

○○との交渉の場を設けるから、明日指定の場所に来い

○○とは自分が交渉してるチームで、この連絡してきた人物Aはカンボジアのアフリカン選手を牛耳ってる人物、彼ももちろんアフリカ人

元々彼とは知り合いで、Aが持ってるアフリカンのアマチュアチームにも参加したこともあるし、現にここ最近も何度か参加していた

しかし、今回のチームとの交渉はAは関係ないし、しかも自分のプレーを認められてのオファーだったのでAが連絡してくるのは少し疑問に思った

あまり乗る気ではなかったが、自分の交渉もあまり進んでなかったので、とりあえず指定された場所に行くことにした

指定された場所につき、少しすると他のアフリカンたちがやってきた

そしてまた少しして、呼び出したAもやってきて、ここから自分は凄い光景を目の当たりにした

自分のことを呼び出したAがアフリカン4人の選手をゴリ押しでチームに入れようとしてる
しかも、このアフリカンは練習参加もしてないし難しいだろと思うけど何か怪しい

Aとチームスタッフは裏の方に行きコソコソと話してるし、アフリカン4人は余裕の表情をしてる

しかも2人は見た目も明らかに下手そう

裏でのコソコソ話が終わり、アフリカン4人と契約決定

!?!?!?!?

ゴリ押しにもほどがあるし、これは絶対に何か裏がある、そう確信した
この裏についてはまた後ほど説明するので少々お待ちください

そしてAが自分の方に来て、自分の契約交渉の間にも勝手に入ってきた

さすがに、自分も
いやいや、それはちょっとおかしいだろ
と話し合うことに

そうするとAが
チームはお前のこと欲しがってるし、絶対に給料は出させる、心配するな
と自信満々に言ってきた

実際、他のチームでもAがゴリ押しで契約させたのを目の当たりにしてるし
今回の裏でコソコソ話してる内容も雰囲気である程度わかっていたので
上手く付き合えばプラスに動くと思い、あまり乗る気ではなかったがAの話を聞くことにした

だがこれが間違いだった

「3日後にチームのホームタウンに向かい交渉する」
とAに言われ現地に向かうことに

一応チームスタッフにも向かうと連絡すると
「そんなことは聞いていない、まだお前の契約内容は決まってないから待っててほしい」
と言われた

少し頭にハテナが浮かぶ
そしてAに確認することに

そうしたら
俺の裏で勝手に動くな、俺がなんとかするからとりあえず来い
と言ってきて、この時点で少し嫌な予感はした

目的地に着き、アフリカンの到着を待つ
連絡が来て集合しそこから交渉になると思ったら

アフリカンたちだけで勝手に話を進めて、契約するからと呼ばれて来たのに呼んだ張本人のAは自分と一切喋らずにどっかへ行ってしまい
メッセージを送るも既読スルー

チームの監督と契約について話すが
何もわからない、Aが情報を知ってるから、彼待ちだ
だがそのAは連絡してもつながらない

ホームタウンにまで来たけど一向に話が進まない
そこで、アフリカンが今回何をしてるのかを聞くことに

これは予想してた通りで

アフリカン4人を選手がお金を払うから契約させるとのこと

簡単に言えば枠を金で買ったことになる
チームも金がないから、この話に飛びついてしまってる

このアフリカンのお金の話がまとまらないことにはチームもどうしようもないのだと理解した

アフリカンの選手がお金をしっかり払えば自分の給料が上がるから
だからAは自分に給料のことは心配するなと言ったきたのだろう

とりあえずAが仕切ってお金の話をしてる限り、自分は何もできないので次の日まで待つことに

翌日、アフリカンのお金の話が済んだのかアフリカン4人がチームと正式に契約したとFacebookで投稿があった

お金の話が済んだなら次は自分の交渉の番だと思い、Aに連絡することに
しかしまたもや既読スルー

じゃあ自分でチームと契約の話をするとほのめかすとやっと返事がきた
しかもまた、勝手に動くなとだけ
「契約の交渉はしたのか?」と聞くと
交渉はしたと、そして次にAが言った事にとても驚いた

なんで今日の契約の場に来なかった

!?!?!?

呼ばれてないし、誰からも一切連絡がなかったから今日契約するなんて知らない
しかも連絡しても返事がないからどうしようもない

もう意味がわからなくなってきた

しかもAは自分に何も言わずプノンペンへ帰ってしまう

Facebookをよく見てみると他にも驚きの投稿があった

Aが持ってるアフリカンのアマチュアチームがまさか自分の交渉してるチームと提携を結んでしまってる

今回チームにお金の話をもってきたのもAで、提携もしてしまったからAがこのチームの権力を握ってしまった

チームも初めて1部に上がるから何もわかってないし、お金がないから目先の金に流され
結果Aの思惑通りにこのチームはAがいくらでも口出しできる状況になってしまった

もう一度Aに自分の契約はどうなってるのか聞くと
「週末まで待て」とだけ言われた
そこから何度か質問しても既読スルー

しかも3月1日には移籍期間も閉まる
このままでは契約できずに終わるかもしれない

なんで急に間に入ってきてこの扱いなのかもわからない

ギリギリまで待たせて自分からも金を取るのかもしれない

チームも最初は自分のことを欲しいと熱心に話してくれてたけどAの登場からそれも怪しくなってきてる

最初はお金がなくてもこのチームのためならと思ってたけどこんな扱いされたらもし契約できるようになっても

このチームのためにとは一切思えない

これからどうなるかわからないがとりあえずは週末まで待ってみようと思います

そして週末に事の結末がわかり次第まだ報告するのでお待ちください






最後に

長々と書きましたが簡単にまとめると

オファーをもらい交渉してたら、無理やりアフリカンが間に入ってきて話をややこしくし
自分の契約が全然進まず、もう少しで移籍期間も閉まる

こんな感じです

アフリカンもこのようないい加減なことをするから評判も悪いし
なるべくアフリカンの選手をとらないようにしてるチームも出てきてる

しかも、以前自分がいたシンガポールではアフリカンがプレーできなくなってる

彼らは自分たちで自分たちの首を締めてるのが理解できてないのだろうか

アフリカンみんながそのようなことをする訳ではないし、自分もアフリカンの友達はいっぱいいる
だが一部の人たちの行為でアフリカンみんなのイメージダウンになってることは確か

カンボジアも裏金使えば何でもできるような国だし、長く住めば色んなことがわかってくる

カンボジアで色んな経験をして成長したことは多いし、色んな出会いがあり、彼女もカンボジア人で婚約もした

楽しい国なのは確かだが、ここに慣れすぎたら危ない

この国には感謝してるけどそろそろカンボジアから抜け出したほうがいいのかなとも最近思ってます




とまあ長々と愚痴のように書きましたが

自分がもっとサッカーが上手ならこのようなことに巻き込まれずに済むだけの事です

こんな環境でしかプレーできない自分が悪い

ただそれだけ

と言いつつもう少しあがいてみるので今後とも応援よろしくお願いします!!


IMG20190226121811



全部読んでいただきありがとうございます

SNSの方もフォローよろしくお願いします


荻野賢次郎