お久しぶりです。

最近大人しいオギノ式ブログこと

荻野賢次郎です。

前回のブログでは結婚の報告をさせていただきました。

今回のブログではその後どうなったか、今後の予定を書いていきます。

どうぞよろしくお願いします。






とうとう…

今回のブログはちょっと気になるタイトルですね。

とうとう」の後になにがくるのか

チームの発表もないし、結婚もしたし

とうとう引退????

と思う方もいるかもしれません。

最初に言っておくと引退ではありません。

まだサッカーは続けます。

では「とうとう」の後にはなにがくるのか考えながらこの先のブログを読んでください。



最初の難関であった結婚は無事にできたので、次は一緒に日本に住むための結婚ビザの準備をしなくてはいけない。

これが、予想以上に難しくて個人では到底できっこないので専門分野である行政書士の方に相談することにしました。

結婚ビザに必要な書類が山ほどあり、それを集めるだけで一苦労。

しかもカンボジアでは外国人男性との結婚が相当難しく、今の自分ではカンボジアで結婚できる条件を満たしてないし、仮に満たしてたとしても簡単に結婚はできない。

その条件は

50歳未満で月収2500ドル以上

27歳だから年齢の部分では条件を満たしてるが、月収に関しては論外。

なぜなら今は無職だから。

チームを探し頑張ってますと言ってたら良く聞こえるけど

実際は無職、ニートと同じ。

まあカンボジアでサッカーしてても月収2500ドルなんてそうそう貰えない。

これだけの給料をもらえてる選手なんてカンボジアリーグでも一握り。

もし他の仕事でそれ以上もらってたとしても、政府が腐敗してるためなかなか書類の手続きが進まないと聞く。

なので両国で結婚しないといけないのだが、例外パターンで今回は日本だけで結婚してカンボジアでは結婚せずに進めていく。

ということはカンボジアのルール的には独身です(笑)

他にも色んな書類が必要になってくる。

しかもずっと海外にいたし、サッカー選手という安定していない職業なため普通以上の書類が必要になる。

今までは海外にいたけど、日本で一緒に暮らすためには、日本でのある程度の収入が必要になってくる。

先程も言ったとおり今は無職。

このままでは結婚ビザ取得なんて夢のまた夢。

まだサッカーは続けると言いましたが、今の状況ではサッカーで十分な収入は得られない。

現実的に運良く貰えても月20万が限界だろうし、普通なら10万以下が妥当。

10万以下ならバイトしないと暮らせない。

そんな不安定な収入、職業であればビザはなかなか取得が難しくなるし
そんな不安定な暮らしに人生のパートナーである妻を付きわせたくない。

その結果…










とうとう就職することに決めました!!

荻野、働きます!!!!!

今までは

安定なんてクソ喰らえ!!!

と思ってましたし

IMG_20190329_191752

こんなTシャツを着てるほどです。

ちなみにこの写真は4年前のシンガポール時代のもの。

働いたら負け

なんて思ってもいませんし、もちろんジョークですが自分が働くなんて想像できなかった。

だけど今後は自分のため、妻のために働きます!!

27歳にして正社員になります(予定)

しっかりと働いて、社会人チームでサッカーをする予定です。

ありがたいことに、数チームから興味を示してもらいましたし声もかけていただいてます。

まだ詳細は言えませんが、正式に決まれば報告します。

働くことになったので、ブログのサブタイトルにもある

〜職業サッカー選手〜ではなくなってしまいますが、今後は社会人サッカー選手として頑張りますし

国際結婚プレーヤーとして新たなジャンルで頑張ります(笑)

今後とも応援よろしくお願いします!!!

IMG20190327092706




全部読んでいただきありがとうございます

SNSの方もフォローよろしくお願いします


荻野賢次郎