2019年06月


みなさん、こんにちは!

最近ブログの更新頻度を上げようと頑張っているオギノ式ブログこと

荻野賢次郎です。

先日、タイトル通り

弾丸カンボジアの旅に行ってきました。

超絶弾丸の移動ばかりの旅で、久しぶりのカンボジア。

今日はそのことについてのブログを書きます。

それではよろしくお願いします。




弾丸カンボジアの旅〜母をたずねて約千里〜

ある日突然妻から

お母さんが倒れて入院したからカンボジアに来てほしい

と泣きながら連絡が入った

なにいいいいいい!?!?

もちろんお母さんの病状も気になるけど

妻もただでさえ、ビザの審査中のため離れて暮らしていて寂しい日々を過ごしている上に

お母さんが倒れて入院となると精神的にも相当きつくなっていて

日本に早く来れる保証もなくいつ会えるかわからないため

急遽カンボジアに行くことにしました。

仕事も練習もあるし、週末には試合もある。

最近試合に出だしたのにここで離脱すれば今後ポジションを失う可能性もある中

それでもカンボジアに行くことにしました。

最悪の場合、お母さんに会うのも最後になるかもしれないし

どうしても、妻を支えてあげたかった

会社もチームも理解してもらい、なんとか休みをとることができました。

本当にありがたいし、素晴らしい環境だなと実感。



行くと決めれば行動の早い私

行動力とコミュニケーション能力には自信があります。

さっそくアプリで航空券探し。

今はカンボジアは雨季なので比較的安い。

関空→シェムリアップ(アンコールワットのある地域)は調べたとき片道で13000円ほど

IMG_20190622_205909

もちろんLCCなので狭いしオプションを付けないと荷物もあずけれないし機内食もない。

オプションをつければわりと値段が上がるから

なにもつけず、リュック一つでカンボジアに行くことに。

日程と値段を確認後、10分後にもう一度同じ飛行機を調べると

まさかの17000円に値上がり

10分で3000円も上がってしまい軽く落ち込みました笑

帰りはシェムリアップではなく首都のプノンペンから飛行機に乗るので違う航空会社にしたので行きより値段は高め。

ただ、帰りはマレーシア航空なので荷物も20kgまでオッケー

しかも機内食付き

結果往復合計で4万円ほどになりました。

行きの飛行機で往復買ったら26000円ほどでカンボジアに行けるので

安く行きたいなら雨季の今がチャンス!



朝の便なので大阪で前泊することに。

仕事が終わってから急いで徳島駅に向かいバスに乗り

いざ大阪!

バスに揺られること約3時間

大阪に到着

いつもお世話になってる方々と飯食って、妻へのお土産も貰いました。

ドラッグストアに向かい自分も妻へのお土産を買います。

IMG20190612001907

コラーゲンばっか笑

美容はどこの国でも人気があるのでお土産にいつも日本の化粧品やサプリメントを買っていきます。

カンボジアでは日本の商品というだけで良いものと思われてます。

痔の薬があることには触れないでください…笑



翌朝5時に起きて空港に向かいます。

空港に着き、チェックインを済ませ飛行機を待ちます。

IMG20190612073758

IMG20190612084225

それではカンボジアに向けて出発

サブタイトルにもある

〜母をたずねて約千里〜

気づいてる人も多いと思いますが某有名アニメのパクリです。

日本からカンボジアまでの距離が約4000km

調べたところ一里が約4kmなので

日本からカンボジアまでは約千里ですね。

余談はこのくらいにしておいてと。

ちなみに今回の飛行機はハノイ経由シェムリアップ行きで

ハノイでまさかの4時間の乗り換え待ち

IMG_20190612_132312_690

乗り換え待ちが暇すぎてベトナムといえばこれ

バインミー

空港なのでセットで7ドルほどでぼちぼちな値段がしたけど

ホーチミンに旅行に行ったときは1ドル以内でバインミーが買えた記憶があります。

もちろんこのバインミー

うまい!!!

コーヒーもベトナムコーヒーでまろやか

これぞ東南アジアという感じで

戻ってきたなーという感じがしました。

やっと乗り換えの時間になりシェムリアップ行きの飛行機に乗ります。

ベトナムとカンボジアは隣なのですぐに着きました。

日本から乗り換えの待ち時間も含めて約10時間の長旅でした。

空港から出てさっそく

line_1560339879816

トゥクトゥクに乗ります。

去年住んでたシェムリアップの道を通ると、よく妻とバイクでドライブしてたことを思い出し泣きそうになりました。

街に着き腹ごしらえ。

IMG20190612193500

カンボジアの焼きそば

ミーチャー

くっそ懐かしい!!!!

美味しんだけど日本にはない味で言葉で表しにくいです笑

IMG20190612200734

このタイプの野良犬は珍しい。

いつもは雑種でいかつくて狂ってそうな野良犬ばかりなのにこいつはふかふかタイプ。

カンボジアに旅行に来た際には野良犬、野良猫には十分注意してください。

結構カンボジア人も狂犬病で死んでる人がいます。

よく日本人は野良猫みると

かわいい〜

とか言って触りにいくけど、それは危ないです。

しかもあいつらはゴミばっか漁っててめっちゃ汚いです。

腹ごしらえを終えて妻とお母さんの待つ街までへの車探し。

バス会社に行ったところもう時間も遅いためバスは明日にならないとないとのこと。

こうなれば乗り合いタクシーを探すしかない…

この乗り合いタクシーがくせ者。

外国人だとわかると値段上げてくるし、乗り合いの客がいないと1人でも強引に乗せようとして

もし1人で乗ったら何されるかわからない。

たまたま去年のカンボジア人チームメイトに遭遇し、乗り合いタクシーを探してもらい

やっと乗り合いタクシーを見つけました。

IMG20190612201727

ちなみにこのルートはこの前日本人が殺人事件を起こしたところで

しかも彼らも乗り合いタクシーに乗ってこの道を通っていた。

同じ日本人として本当に申し訳ない気持ちです。

シェムリアップから妻とお母さんがいるバッタンバンという街までの道は工事中の箇所が多く、途中から常に砂利道で相当しんどかった。

普段は4時間くらいかかる道を夜中なので3時間でバッタンバンにつきました。

IMG20190612231251

スリに気をつけながら待つこと15分

妻が友達と一緒に迎えに来てくれました。

妻は2ヶ月ぶりの再会ということで少し緊張していて可愛かったです笑

さっそくお母さんの入院している病院へ向かうことに。

病院に着いてお母さんの元に行くと、お母さんは呼吸器まで付けていて意識朦朧としていてあまり良い状態ではなかった。

妻と姉2人は泣きながら看病をしている。

カンボジアの医療は自分も経験してるがお世辞にも良いとは言えないし

このままじゃ危ない

誰もがそう思っていた。

この病院にいつまで入院しててもかわらないから、タイの病院に行こうかとも言っていたのですが

翌朝になって少し回復して、なんとか呼吸器も外せるようになった。

IMG20190613085917

とりあえず一安心。

カンボジアの病院は日本みたいにキレイな病院は限られている。

この病院は患者のベッドがあるからまだましだが

去年の自分がデング熱で倒れたとき、近くの薬局に勧められて行った病院はベッドがなく

めっちゃしんどい中、床で寝かせられ扉は外からの南京錠がつけられ外に出れないようにさせられた。

もちろんこのような病院だけでなく、外資の病院はキレイでしっかりしているところもある。

ただ、今回の病院は患者のベッドはあると書いたが

IMG20190613081344

お見舞いで寝泊まりしてる家族は床で寝るスタイル

これぞカンボジア

IMG20190613091702

病院の外観はこんな感じ。

IMG20190613081617

廊下で仕事をするスタイル。

IMG20190614104310

病院のトイレ兼シャワー室。

実際に自分もこの水を浴びました。




お母さんの状態も徐々に良くなってきてるので、ここで外出することに。

IMG20190613092235

安定のトゥクトゥク。

このトゥクトゥクはメーター付きで、しかもアプリで呼ぶことができます。

たまにメーターが付いててもうまいことぼったくってくることもあるのでご注意を。

トゥクトゥクで少し走ると…

IMG20190613093040

市場に到着。

相変わらず活気がすごい。

お腹も減ってきたことなので少し遅い朝食

IMG20190613093344

カンボジアの朝食といえばこれ。

バーイサイッチュルー

日本語で書きにくい発音です笑

ご飯の上に焼豚と目玉焼きをのせたもの。

これでだいたい150円弱。

ぺろっとたいらげて軽く買い物をし、次の場所へ。

IMG20190613144026

さびれたショッピングモールに来たけど欲しいものもなく

ちょっとキレイなスーパーマーケットへ。

IMG20190613150000

最近増えつつある、たぶん外資のスーパーマーケット。

そんなに高くないし、市場より断然キレイ。

IMG20190613152851

スーパーを出ると風が強くなっていて

今にも雨が降りそうだったので病院に帰ることに。

帰り道に鶏の丸焼きを買ってみんなで食べることに。

IMG20190613162311

食べ終わったら昼寝。

IMG20190613081344

セクシーショットをもう一度笑

夜になり、時間が経つにつれお母さんの状態も良くなってきて喋れるようになりました。

そこでお母さんが

オギノが来たから良くなった

と言ってくれて嬉しかった。

しかも本当に心から言ってくれている。



カンボジアは家族の絆が強い。

なにかあればすぐに家族であつまり、遠くに住んでてもすぐに飛んでくる。

自分は年末に祖父が亡くなり、葬式があったのだが

まだ、その時はカンボジアでサッカーをしており

怪我明けでプレシーズンだったので、ここで離脱すると立場も危うくなると思い

葬式には行かなかった。

それがいまでも少し心残りになってます。

なので今回は仕事も練習もあったけどカンボジアに飛んできたわけです。

本当にお母さんの調子が良くなってきて良かった

これで安心して日本に帰れる。

ということで、次の日には病院を後にし妻が住んでいるプノンペンに2人で戻ることに。

朝起きると

IMG20190614101446

医者がお母さんの状態を確認して

あと数日入院したら帰っても大丈夫

と、言い家族みんなで一安心。

最後に挨拶を済ませ

いざプノンペンへ。

IMG20190614113924

これがバス停です。

目の前には…

IMG20190614113818


骨が浮き出てるし痩せすぎだろ…

バス停にいた猫も痩せてたし。

待つこと30分、少し遅れてバスがやってきた。

IMG20190614123844

バッタンバンからプノンペンは約7時間。

長旅の始まりです。

しかもカンボジアには高速道路がなく、片側一車線の道をバスやバイク、トゥクトゥクが走っていて

たまに牛も歩いている。

バスに揺られること数時間、休憩所に着いていきなり妻が

虫食べたい!

と言い出し外に出ていき戻ってくると

IMG20190614150509

コオロギの素揚げを買ってきました。

今にも動き出しそう…

カンボジアでは普通にそこらの屋台で虫が売ってます。

日本に住んでから虫が食べたいからと言って、そこらで捕まえないか心配笑

さすがにその光景を見られると変人扱いされそう笑

でもこのコオロギ意外と美味しいんです。

サクっとしててエビの殻を食べやすくした感じで、味付けもしっかりしてあります。

よくカンボジア人たちとビールを飲むときにつまみで出てきます。

そんなコオロギを食べながらバスに揺られること数時間。

やっとプノンペンに到着、もう辺りは真っ暗。

合計8時間のバス旅に体は悲鳴をあげてます。

プノンペンに来たということで日本食を食べることに。

IMG20190614213940

つけ麺3玉がっつきました。

プノンペンにはいくつもの日本食屋があり、生活には困りません。

しかもそんなに高くなく、日本と同じ値段または少し低めです。

食べ終わって少しバイクでドライブをしてから翌日の帰国にむけての準備をして就寝です。

本当にタフな旅、4日のうち3日が長距離移動。



最終日は夕方のフライトのため朝からでかけてお土産を買ったり、イオンでデートしました。

やはり妻との時間は楽しくて一瞬で時間が過ぎてあっという間に帰国の時間になり

別れ際にはお互い涙。

IMG_20190618_230709_179

妻からもらったプレゼント

パイナップルTシャツをきて帰ります。

なかなかのセンスでさすがです笑

後は早くビザができて一緒に日本に暮らせるように願うばかり。

IMG20190615172954

この写真を見ると今にも涙がでそうになります。

IMG20190615182020

飛行機にのりカンボジアの地から飛び立ちます。

本当に忙しかったし、タフな旅だったけど妻にも会えてお母さんも良くなってきて本当に良かったです。

後は、さっきも書いたとおり

1日でも早く一緒に日本で暮らせるように願うのみです。

乗り換えもふくめて約10時間のフライトを経て、午前6時にやっと関西国際空港に着きました。

少し時間をつぶし、空港から徳島行きのバスに乗り

乗った瞬間疲れで寝てしまい気づけば徳島。

夢から現実に戻ってきたかのような気持ちになり、疲れも一気にきました。

帰ってからも家で爆睡。

次の日からは仕事で休む暇もなく、またいつもの日常が始まるのであった。







全部読んでいただきありがとうございます

SNSの方もフォローよろしくお願いします


荻野賢次郎

今、僕はとても悔しい。

こんなに悔しいと思うことなんてもうないのだろうと思っていた。

なぜなら…







気持ちの変化

僕はプロサッカー選手を辞めた

ついこの前までは

サッカー=お金

であり。

サッカーを頑張って結果を出すとお金が貰える

サッカーとお金が結びついている環境にいたから

結果が出なければお金がもらえない

それじゃ生活できなくなる

セレッソ時代も、何も結果が出なかったから契約期間の3年が終わればクビになり

カンボジアでは結果が出たからオファーをもらい給料も上がった

実にわかりやすく難しい世界

でも今シーズンからはプロではなく

アマチュア

今はサッカーで一銭ももらってません

言ってしまえば

サッカーをどれだけ頑張っても生活できない

だから

サッカー頑張ったところでお金も貰えないし

という考えが頭の中にあった

正社員になり、朝から5時半まで仕事

正直夜の練習の前には仕事で体力を使い果たしてる

どうしてもサッカーに100%の力を注ぐことができなかった

口では

サッカー頑張ります

とは言ってたものの

プロじゃないサッカーに対して情熱を燃やすことができなかった

そんな日々が入団してから約2ヶ月続いていた

その間に4人いたキーパーのうち2人が怪我で離脱

モチベーションもコンデションも上がらぬまま自動的にベンチ入りになった

そして、天皇杯1回戦を迎えるのだが

JFL相手にチームは1-5と大敗

四国リーグでは5連勝だったので今シーズン初負け

チームの雰囲気もあまり良くなく

こういうときはキーパーのチェンジがよくある

自分もよく1試合の大敗だけでチャンスを失ったことが何回もあった

今回は自分にチャンスが回ってくる番だった

モチベーションもコンデションもいまいち上がらぬままデビュー戦を迎える

前回のブログに書いたようにデビュー戦は勝利

ただ、前半はパスだけでほぼボールに触ってないし後半にカウンターくらって何度かピンチを防いだけど

正直勝ち試合

半年間公式戦から遠ざかってたため試合勘もなく

終始ふわふわしてたし、試合をしたという感覚があまりなかった

そして、今シーズンの大一番

vs高知ユナイテッドSC

を迎える

リーグ戦はお互い全勝同士

ただ高知ユナイテッドSCは10得点の試合も珍しくなく得失点では敵わない

高知が他の試合で引き分け、負けなんてありえない話で

もし、この試合を落とすと後期に直接対決で勝っても得失点差で自分たちの優勝はほぼなくなる

四国リーグを優勝するためには本当に落とせない大事な試合

そんな試合にスタメンで出場することになった

IMG_20190611_204345_725

まだモチベーションもコンデションも上がらぬままこの大一番を迎えた

このままでやれるのか…

そんな心配は試合が始まると一瞬にして消え去った

デビュー戦の相手とは違い攻められる回数も多く

すぐにスイッチが入った

相手の足もとに飛び込みボールを弾き出した際に相手に腕を踏まれ

相手と審判に言い寄った

今までのモチベーションであれば、こんな言い寄ることなんてなかったし

明らか今までより気持ちが入ってる

やっぱ負けたくないという気持ちが強かった

前半を0-0で折返し、ここからというとき

後半1分に先制点を許す

後半開始早々チームが集中しきれてなくDFラインを上げきれずにクロスを入れられ

自分のポジションも少し悪く、ヘディングシュートを決められた

自分にとって今シーズン初失点

盛り上がる相手チームに声を荒げるうちのベンチ

わぁ〜、なんか試合やってるな〜

という気持ちが更に高まった

まだ後半は始まったばかり

そして、後半も折返しの時間になりやっと追いつく

ドンピシャのクロスにヘディングシュート

一瞬、時が止まったかのようなキレイな得点

1-1になりまだまだ勝負はわからない

コーナーキックの守備になり、相手がゴール前に固まり、明らか自分を飛び出させないようにしてきた

相手のこの試合で優勝決めてやるという強い気持ちが伝わってきた

そんな中でも飛び出してギリギリボールに触れなんとかピンチを抜け出したのだが

相手に勝ち越しのゴールを奪われる

カウンターをくらい数的不利の状況でFWと自分との一対一の状況になった

少し前にDFラインの裏をつかれ、一対一になったときはなんとかファーへのシュートを腕に当てて防いだのだが

相手はしっかりと落ち着いて逆のニアをついてきた

ここでもう一度止められていればまだ勝利の可能性はあったのだが

止めきれず勝ち越され、残り数分

ラストワンプレーのところでFKを得て、自分もゴール前まで上がったのだが

惜しくも枠をそれて試合終了のホイッスルが鳴った

あー、負けたかー

正直めっちゃ悔しかったし

悔しいという気持ちになれたことが本当に良かった

自然とサッカーに本気になれてた

妻のビザのためにも正社員で働かなければならなくなり

サッカーでお金を稼ぐことを辞めた

自分にも仕事、仕事、仕事と言い聞かせてた

だけど高知戦のおかげで、またサッカーへの情熱が湧いてきた

今までは

サッカー=お金

そう思ってたし、それがなければダメだとも思ってた

けど

サッカーでお金を貰わなくても本気になれるかどうか

今回の試合で自分にとってのサッカーへの考え方が変わった

サッカーはサッカーであり

お金があろうがなかろうがサッカー

サッカーを続ける限り

本気でサッカーと向き合うことが重要

サッカーのおかげで自分はここまで成長できたわけだし

またこれからも成長させていただきます!!







と言いつつも

来月から仕事の研修も終わり、営業所配属になります

今以上に仕事が忙しくなるし、仕事でも結果を求めないといけなくなる

もちろん家族のために仕事もバリバリ頑張ります


1560413957404




全部読んでいただきありがとうございます

SNSの方もフォローよろしくお願いします


荻野賢次郎















みなさん!お久しぶりです!

1ヶ月ぶりのブログ更新となり、お待ちしてたオギノ式ブログファンの方々には申し訳ないです。

朝から仕事で夜は練習と妻のビザのこともありなかなかブログを書く時間がありませんでした。

前回のブログではやっと登録ができたと報告しました。

今回のブログはタイトルにも書いてあるよう

FC徳島でのデビュー戦についてです。

それでは本題にまいりましょう。

どうぞよろしくお願いします。






デビュー戦

チームに合流して約1ヶ月半

登録してから3戦目

ようやくFC徳島でのデビューを迎えました。

IMG_20190603_221457_173

vs多度津FC 

結果は3-0でなんとかクリーンシート。

デビュー戦勝利!!!

8ヶ月ぶりの公式戦

帰国してから練習試合すらまともに出てないので

試合勘もなかったし、結構緊張しました。

ミスもあったし、セーフティーなプレーも多かったけど

シュートストップ、クロスの局面の部分では自分の良さが出せて良かったです。


そんなことより…

ん????

写真を見て少し気になることが…

IMG_20190604_143524

ヘアバンの必要ありますか?笑

しかもテーピングの下に巻くアンダーラップで作った即席ヘアバン。

みんなからは

サッカーじゃなくてムエタイやん

との声が笑

タイじゃなくてカンボジアや!

と言いたいところ。



そろそろあほな話は置いといてと

デビューするまでに本当に色んなことがありました。

退団、交渉難航、婚約、帰国、結婚

他にも、チームに合流したのはいいけど、なかなか登録できなかったり

妻の配偶者ビザ申請に必要な書類の準備で練習に出れないこともあったし

コンディション不良のまま練習を続けて腰を痛めました。

それでも色んな人にサポートしてもらい

無事にデビューすることができました

本当にありがとうございます!!!

みんなのおかげでやっとスタートラインに立てました。

そして次節は全勝同士

vs高知ユナイテッドSC

前期ラストの試合になります。

ここで勝って勢いつけて優勝目指します!

これからも応援よろしくお願いします!!!

1559563526347



全部読んでいただきありがとうございます

SNSの方もフォローよろしくお願いします


荻野賢次郎

↑このページのトップヘ