Category: 自己紹介

昨日ブログやTwitterで何度も言ってますが

本田圭佑監督初勝利!!!

ライブ中継でずっと見てたけど

やっぱ本当に絵になる男だなと

彼は日本のなかでも発信力影響力も抜群にある

自分がブログを始めた理由も

ログで色んな情報を発信することで

色んな人たちに荻野賢次郎という人間を知ってもらえればいいなと思い

このブログを始めました

ケイスケホンダやJリーガーほど発信力も影響力もないけど

地道に頑張るのでよろしくお願いします



ではタイトル通り

荻野賢次郎伝説

を紹介していきます!!!

~セレッソ大阪編~

[C大阪] 今季限りでチームを去る“荻野賢次郎伝説”を一挙公開

[C大阪]伝説のGK荻野賢次郎、舞洲に現る

セレッソ大阪時代に1試合も出てないくせに伝説の記事を書かれる


上の記事にも書いてありますが

2010シーズンのサポーター向け新体制発表会で

ルーキーでありながらレヴィー・クルピ監督と肩を組み

セレッソの応援歌「パワー・アンド・ザ・グローリー」を熱唱

当時監督であったレヴィークルピと強化部長の梶野さんの間に入って肩を組んで熱唱しました

当時の自分は本当に世間知らずで怖いもの知らずだった

さすがに今ではそんなことできません(笑)




一番最初のブログにも載せましたが


2010年セレッソ大阪が3位になり初めてのACL出場を決めた試合で

ベンチ入りすらしてないのに試合後、拡声器を持ってサポーターを煽る

一年目の選手がこんなことをするのは前代未聞だろう

本当にただの怖いもの知らず


~アルビレックス新潟シンガポール編~

このころはアニメにどはまりしてTwitterでもアニメのことばかりツイートしていた

このツイートが今でこそ800リツイートほどになっているが

当時は1000リツイートくらいにまでいき、自分のリツイート歴代最高記録です(笑)

こんな感じでアニメツイートしていたおかげで凄いお方に合うこともできました

まさかのキャプテン翼の作者、高橋陽一先生と一緒にイベント出演させていただきました

こんな名もない選手が世界的にも有名な方と一緒にイベント出演なんてなかなかできません

当時、自分のツイートを見ていた、ブシロードの社長木谷さんから

今度アニメのイベントで高橋先生がお越しになるので一緒に出演どうですか

と、お誘いいただいて実現しました

この時に本当にSNSの影響力って凄いなと思いました


~MIOびわこ滋賀編~

勝った試合でサポーターの前でオタ芸をかます

後ろのチームメイトもめっちゃ笑っています(笑)

サッカー選手でオタ芸を試合後サポーターの前でやる選手なんていないでしょう

あと、試合のアップの時に自分のチャントが流れると

過剰にノリノリでウォーミングアップをして周りを笑顔にさせる


41荻野賢次郎 
 アレアレおーぎーのーけんじーろーうー
 おぎーのーけんじろうー
 今日も魅せろ!滋賀の守護神さー
 おぎーのーけんじろうー
 (流星群/ジュリア[愛美]) ※ゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ!」キャラクターソング

これがMIO時代のチャントです

MIOは全選手にチャントがあるので選手としては本当に嬉しい


~カンボジア編~

Asia Euro United在籍時

セレクションから入団し給料も低く、待遇も悪かったが

ある日、いきなり日本からチームにスポンサーを連れてきて

オギノ実はすごいんじゃね?

という雰囲気が漂うが

次の試合で大量失点し

お前は試合前日、酒飲んでただろ!次の試合もこんなんだったらクビだ!

と言われ

オギノすごいんじゃね?の雰囲気がすぐになくなる

試合前に酒なんか飲むわけないし、何度違うと言っても信じてくれない

ただこのチームでみんなから愛されてた感はあったので

ちょっとしたいじりかなと勝手に解釈してます

今でもあったらみんな「おぎの!!!!」と声をかけてくれます

これがスポンサーです

自分の高校の先輩にスポンサーになってもらってました

本当にありがたいです

選手がチームにスポンサーを連れてくるのは結構レアなケースです

しかも相手チームが自分の今所属しているタイガー

自分のカンボジアリーグデビュー戦もタイガーだったし

縁のあるチームだったのだなと


実はカンボジア編はもっといっぱいあるのですが

なかなかネット上では語れないことだらけなので

ここではこれくらいにさせていただきますです(笑)




ざっとこんな感じです

他にもいっぱいありますがまた今度違うカタチでブログで書こうと思います

自分でも変なヤツだなーと改めて実感しました(笑)

自分の伝説を自分で語るというなかなか珍しいブログでした

普通の人だとこんなブログはかけないでしょう(笑)

これで荻野賢次郎がどういう人間か少しはおわかりいただけたでしょうか

これからも自分についてのブログもちょくちょく書いていくのでよろしくお願いします


全部読んでいただきありがとうございます

SNSの方もフォローよろしくお願いします

Twitter Facebook Instagram


荻野賢次郎

どうも!初めまして荻野賢次郎です

いきなりですがブログ始めます!!!!!!!!!!

まずは自己紹介から

名前 荻野賢次郎
S__167370757
年齢 27歳

誕生日 9月14日

出身 京都府与謝郡与謝野町

住まい カンボジア

職業 サッカー選手

ポジション ゴールキーパー

趣味 Youtube鑑賞、アニメ、釣り


~経歴~

2009 峰山高校 (U18日本代表)

2010~2012 セレッソ大阪

2013~2015 アルビレックス新潟シンガポール

2016 MIOびわこ滋賀

2017 Asia Euro United (カンボジア)

2018~ Angkor Tiger FC (カンボジア)


〜荻野賢次郎とは〜

知る人ぞ知る孤高のゴールキーパー

試合に出る出ない問わず練習中から

プライベートまで存在感を幾分に発揮し

所属したチームでは色々な伝説を残している

異端児、それが荻野賢次郎


試合に出てないのにイキリ散らかす異端児ぶり


~生い立ち~

平成3年、京都の北部に位置するクソ田舎でサッカー不毛の地

与謝野町(旧野田川町)で生まれる

小学3年生のとき兄に

サッカー少年団に入ると焼き肉が食べれる

と言われ渋々サッカーを始める

練習は週一で、小学生の頃はリフティング100回できなかったし

練習中に虫を獲って遊んでいた
(今も変わらず、この前練習中カブトムシを5匹捕まえた)

中学は地元の江陽中学のサッカー部に所属

3年のときはキャプテンとして約10年ぶりの府大会出場に導くも一回戦負け

高校は隣町の京丹後市にある野村克也さんの出身校の峰山高校に進学しサッカー部に所属する

京丹後市、与謝野町がある丹後地方では一番強い学校だったが

インターハイ、選手権予選は毎年2,3回戦負けで新人戦で唯一のベスト16進出

その時のプレーが目に留まりチームはベスト16なのに11人の優秀選手になる

高校3年次、関西の強豪大学と

セレッソ大阪

からの練習参加のオファー

今まで選抜に選ばれたことすらないのにいきなり

U18日本代表に選ばれる

アジア予選も選ばれ一回戦1,2番手のキーパーが体調不良により急きょ先発になる

運の良さは継続し2010年当時

香川真司選手、乾貴士選手が所属しているセレッソ大阪に入団

だが人生そう上手くいかず契約期間の3年が終わりクビ、挫折を味わう

トライアウトを経て、2013年にアルビレックス新潟シンガポールに加入

2年目こそはシーズンの半分以上試合に出るがそれ以外はほぼ試合に出れず3年で契約満了

2016年日本に帰りJFLのMIOびわこ滋賀に加入

アマチュア契約になりサッカーでは飯が食えなくなったので夜までバイトしながらサッカーする

朝は練習、そこから夜10時まで介護施設で働く

この生活習慣に慣れず、1年で退団し

もう一度プロ契約を勝ち取るため海外へ

2017年飛び込みでセレクションに参加してカンボジアのAsia Euro Unitedと契約する

給料はもらえたが日本人が暮らせる額ではなかったのでここでもバイトする

朝は日本語学校の先生などのバイトをして昼から練習

シーズンの8割ほど試合に出て、評価してもらいAngkorTigerからオファーをもらう

2018年Angkor Tigerと2年契約で加入

給料も前年より4倍になり、やっとサッカーだけで生活できるようになる

2019年でプロ10年目になる


AEU
2017年カンボジアでセレクション合格し契約を勝ち取る


~ブログを始めた理由~

高校を卒業しプロサッカー選手になって来季ではや10年目

運よくJリーガーになれたが、運だけで生きていけるほど甘い世界ではなかった

人生で初めての挫折を味わい、そこから6年苦しいことばかりが続いています

弱小校から世代別代表、Jリーグ、アマチュア、東南アジアというなかなかレアな経験をしており

この経験をみんなに伝えることで荻野賢次郎という人間をもっと知っていただければと思い

ブログを始めることにしました

サッカーのことだけではなく

趣味やカンボジアでの生活などいろんなことをブログに書いていこうと思ってます

マイペースに更新しますがどうぞよろしくお願いします

荻野賢次郎


2018年のプレー集

S__167419920

Angkor Tigerの写真、上段左端が荻野




 


↑このページのトップヘ